2009年01月23日

バストアップの方法とリンパマッサージ

バストアップする方法の一つにリンパマッサージがあります。

リンパマッサージとは、滞っていたリンパ液の流れをマッサージによって促進する方法です。
体内に蓄積された老廃物や毒液をリンパ液と一緒に排泄することによって、さまざまな健康効果や美容効果が期待できます。

体内を流れるリンパ液は、運動不足やストレス、悪い姿勢など、さまざまな生活習慣や環境によって流れが滞ります。
リンパ液の流れが滞ると体内に余計な水が溜まり、むくみやボディラインの崩れを引き起こします。
また老廃物や毒素が溜まると、肩こりや肌の荒れ、体調不良など健康にも悪影響を及ぼします。

リンパマッサージを行うことで細胞間に溜まっていた余分なリンパ液の流れが促進され、体が引き締まります。
また新陳代謝がよくなり、ダイエット効果も上がります。
そしてホルモンのバランスが正常に保たれ、しみ、しわができにくく、美肌効果も期待できます。

リンパマッサージは即効性があり、自分でできる手軽な方法として今注目を集めています。
最近では雑誌やテレビ番組でも取り上げられ、エステや美容医学でも多く取り入れられるようになりました。

バストアップのためのリンパマッサージの方法はいろいろありますが、鎖骨付近のリンパと脇の下のリンパを、流れに沿ってマッサージする方法が効果的です。

リンパの流れをよくすることで、垂れていたバストが上がり、張りのある美しいバストに近づきます
リンパマッサージは入浴時など血行のよい時に、毎日習慣的に行うことでより効果的をあげることができます。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とクリーム

豊かな胸は女性の憧れです。
最近では自宅でできるさまざまなバストアップ器具や商品が販売されています。

特にバストアップの方法として、クリームは人気のある商品の一つです。

女性にとってクリームは化粧品などで使い慣れている身近な存在です。
バストアップのクリームは手軽さと使いやすさから、バストアップを願う多くの女性に使用されています。

バストアップクリームの多くは女性ホルモンに有効に働く成分が配合されているため、美肌や美髪効果が期待できるのも魅力です。

多くのサプリメントに配合されているプラレリア・ミリフィカを始め、イソフラボン、デオキシミロエステロール、ビタミンP、フラボノイド、エラスチンなど商品によってさまざまな成分が配合されています。

クリームはバストをマッサージしながら塗ると、肌の新陳代謝やトリートメント効果を高めます。
同時に直接肌が成分を浸透することでバストアップ効果があります。

バストアップクリームは入浴後に塗ると効果的だと言われます。
それは入浴後は毛穴が開き、肌も柔らかくなっているからです。

基本的な塗り方は、手のひらにクリームをとり、バストを外から内へ、下から上へ円をかきながら持ち上げるようにマッサージしながら塗ります。
マッサージは週に3回程度行うことが効果的ですが、クリームの種類によっては毎日行うと効果的なものもあります。

バストアップクリームは種類が豊富で、現在もメーカーによって商品開発が進められています。
購入の際には誇大な商品広告に惑わされず、メーカーの信頼性や、商品の評判などを調べた上で慎重に購入することが望まれます。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とヒアルロン酸注入

さまざまなバストアップの方法の中で、最も確実で即効性のある方法は豊胸手術です。

近年では豊胸手術の技術はめざましい進歩を遂げ、安全で完成度の高いバストアップが可能になりました。

豊胸手術の中で最も一般的な方法はバストに人口乳腺を入れる方法ですが、最近ではヒアルロンサン注入によってバストアップする方法が人気を集めています。

かつて豊胸手術といえば手術後の傷跡が心配されました。
女性にとって体に傷跡が残ることは重要な問題で、手術は容易に受けられるものではありませんでした。

しかし、近年の豊胸手術の進歩により、傷跡をほとんど残さない方法が開発されています。

ヒアルロンサン注入もその一つで、この方法では注射器によってヒアルロン酸を注入するため、メスを使わず、体に傷跡を全く残さない画期的な豊胸手術です。

ヒアルロン酸はもともと体内で生成している成分で、化粧品などにも含まれる安全なものです。
手術は短時間で終わり、手術直後から普段の生活が送れます。
また他の豊胸手術のなかでも価格が安いのも人気の理由です。

ヒアルロンサン注入方法は、希望のバストの大きさや形からヒアルロン酸の種類や注入量、注入する部分を決めるため、希望通りのバストを作ることが可能です。

しかしヒアルロン酸は体内にある成分であり、体内への吸収が早いという特徴があります。
個人差がありますが、長くても2年から3年で注入したヒアルロン酸は体内に吸収され、バストは元の大きさに戻ります。
したがってヒアルロン酸注入法によって大きなバストを維持するためには断続的に注入する必要があり、多大な費用がかかることが難点です。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とブラバ

バストアップは女性にとって重要な問題ですが、近年ではいろいろなバストアップ器具が開発されています。

近年話題を集めたバストアップ器具の一つにブラバがあります。

ブラバとはアメリカで開発されたバストアップ装置です。
日本の厚生労働省に当たるアメリカのFDA(米国食品医薬品局)は、世界で始めてこの装置をバストアップ装置として承認しました。
その後日本の厚生労働省でもブラバを医薬用具として承認し、2002年から非手術的豊胸治療としてブラバが使用されるようになりました。

ブラバはドーム型のカップをバストに装着し、真空状態で吸引することによってバストアップを図ります。
一日10時間以上、10週間以上連続して装着することによって、乳房の脂肪や繊維組織が増加しバストアップできるというものです。
ブラバは洋服の下に装着することも可能で、昼夜を問わず使用できます。

ブラバは一時世界中で話題となりましたが、効果が出にくいこと、効果が出ても使用を止めると徐々に元のバストの大きさに戻ること、肌を痛めることなどから、現在はほとんど使用されることはなくなりました。

ブラバの価格は20万円前後と高額ですが、以前と比べると20万〜30万円ほど価格は下がっています。
美容外科や個人輸入代行会社で入手できますが、現在需要は少なくなり、入手が難しくなっています。

豊胸手術に抵抗のある女性にはメスを使わない最適な医療器具と期待されましたが、永久的で確実なバストアップの方法としては豊胸手術には及ばないのが現実のようです。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とボルフィリン

豊かなバストは女性の憧れです。
現在はさまざまなバストアップの方法や商品が雑誌やテレビで取り上げられ、バストアップを望む多くの女性がバストアップに挑戦しています。

バストアップの商品の中でクリームやサプリメントは手軽で使いやすく人気がありますが、そういったものにはバストアップに有効な成分が配合されています。
近年ではさらに大きなバストアップ効果が期待される新しい成分が開発されました。

それはボルフィリンというフランスのセダーマ社によって開発された成分で、ユリ科のハナスゲという植物から抽出したサルササポゲニンを主とするものです。

ボルフィリンは塗った部分の脂肪に作用し、脂肪組織を増大させます。
バストに塗ることによってバストの脂肪を増大しバストアップします。

近年バストアップクリームやサプリメント市場では、プエラリア・ミリフィカを主成分としたものが大部分を占めていました。
プエラリア・ミリフィカは乳腺を増大させることによってバストアップを図りますが、バストの10%程度の乳腺を増大させても効果には限界があり、疑問を感じる女性も少なくありませんでした。

ボルフィリンはバストの90%を占める脂肪を増大させバストアップを図ります。
そして一度ボルフィリンによって大きくなったバストは小さくなりにくいという点でも魅力的です。

ボルフィリンのバストアップ効果は臨床実験でも証明されており、現在美容業界ではプエラリア・ミリフィカに代わるバストアップ成分として注目されています。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とキャベツ

バストアップに効果的な食品の一つにキャベツがあります。

キャベツにはボロンという栄養素が含まれています。
ボロンは人の体内や環境の中に微量しか存在しないミネラルで、キャベツをはじめ、りんごやとろろ昆布、なし、大豆など、野菜や果物に含まれ、骨の形成や維持を助ける働きがあります。

最近、人気女性タレントが、「キャベツを一日一個食べてバストが5センチ大きくなった」というコメントをし、ボロンを含むサプリメントの売り上げが急増しました。
そしてキャベツによるバストアップの方法が話題になりました。

以前からボロンは、女性ホルモンの減少によって起こる更年期障害や骨粗しょう症の予防に効果があることが分かっていました。
ボロンは女性ホルモンの一つ、エストロゲンの分泌を活性化する働きがあります。
エストロゲンは女性らしい体系を作るために欠かせないホルモンで、エストロゲンの活性化はバストアップにつながります。

キャベツにはダイエット効果や美肌効果もあり、ダイエットしながら美しくバストアップすることができる美容効果に優れた食品といえます。

キャベツとバストアップについてはアメリカで科学的な検証が行われ、効果が認められています。

生のキャベツを大量に食べることは困難ですが、最近ではボロンを含むサプリメントも多く販売されており、サプリメントを利用して手軽にとることができます。

ボロンは熱に弱いため、キャベツを食べる時には加熱せずに千切りやざく切りなど生の状態で食べるのが効果的です。

キャベツは美味しく、年中手に入る身近な野菜です。
健康的なバストアップを目指す人は積極的にとることが望まれます。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

バストアップの方法と鶏肉

最近、巨乳女性タレントが、テレビや雑誌で人気を集めています。

バラエティー番組では、その内の何人かの巨乳タレントに共通する好物が鶏肉である
ことが明らかになりと、バストアップ効果がある食品ではいかと、注目を集めました。

鶏肉は、肉類のうちでもっとも身近な食材で、いろいろなメニューに使われています。
特に、血液や筋肉を作るのに欠かせないたんぱく質を多く含んでいて、
その鶏肉に含まれるたんぱく質は、消化吸収がよい良質のたんぱく質です。

女性ホルモンにとっても、たんぱく質は重要な栄養素です。
女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、
女性らしい体を作るのに欠かせないホルモンであり、
エストロゲンの分泌が活性化することで、バストアップが期待できるからです。

鶏肉の中でも鶏皮や手羽先には
脂肪や良質なコラーゲンが豊富に含まれ、美肌作りにも効果があります。

鶏肉を使ったメニューの代表的なものにから揚げや照り焼きなどがあげられますが、バストアップに効果的なキャベツや大豆と組み合わせるとよりバストアップ効果が期待できます。

食品によるバストアップの方法は、
豊胸手術などの方法に比べれば、大幅なバストアップは期待できませんが、
習慣的に鶏肉を摂ることで、バストに張りや弾力が出るなど、
自然なバストアップ効果が期待できます。

バストアップのためには栄養のバランスの摂れた食事を摂ることも大切なことです。

その為に鶏肉と一緒に野菜や魚介類もメニューに取り入れるように心がけることが必要です。
また、バストアップ体操やつぼ指圧など、
他のバストアップの方法と合わせて行うと一層効果的です。
posted by まや at 14:12| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。