2009年01月23日

バストアップの方法とCMCバッグ

近年、バストアップを望む女性が増えています。
そしてバストアップの方法の一つ、豊胸手術が、最も確実で即効性のある方法として現在広く普及しています。
技術や安全性の進歩にともない、現在豊胸手術は誰もが手軽に受けられるものになりました。

豊胸手術にはバッグ挿入法と脂肪注入法があります。
脂肪の少ない人や、2〜3カップ以上のバストアップを求める人にはバック挿入法が適しています。

近年の豊胸バッグの研究、開発はめざましく、見た目や感触が人間のバストとほとんど変わらないものもあります。

さまざまバッグの中で、現在人気のあるバッグがハイドロジェルバッグの一つ、CMCバッグです。

素材の感触がとても柔らかく、なめらかに動き、人間の乳腺組織に極めて近い質感を備えているものです。
手術を受ける前のカウンセリングで、CMCバッグを触ったほとんどの人がこのバッグを選ぶというほどです。

このCMCバッグはカルボキシル・メチルセルロースの略で、口内スプレーや目の洗浄剤など医薬品の原料にも使われています。
また食品添加物にも含まれている人体に無害な天然水溶性物質です。

CMCバッグは万が一、バッグが破れて体内へ漏れても尿とともに対外へ排出されます。
またシリコンバッグはレントゲンに濃く写りますが、CMCバッグはレントゲン透過素材であるためレントゲンやCT、MRIにも写りません。

しかし日本の美容外科で多く使用されているCMCバッグですが、世界的にはハイドロジェルバッグ自体の危険性が指摘されており、イギリスでは使用が禁止されています。
手術を受ける際には、医師と十分相談をし、リスクも視野に入れた上で納得のいくバッグを選択すること大切です。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法と生理食塩水バッグ

豊かなバストは女性の憧れです。
最近は特に女性のファッションはバストの大きさが強調されるスタイルが増え、バストアップを望む女性も増えています。

数あるバストアップの方法の中で最も確実で即効性のあるものとして、豊胸手術が近年普及しています。
技術や安全性も昔に比べて飛躍的に進歩し、今では誰もが手軽に受けられるものになりました。

豊胸手術にはバッグ挿入法と脂肪注入法がありますが、2〜3カップ以上のバストアップを求める人にはバック挿入法が適しています。

バッグ挿入法で使用されるバッグの一つに生理食塩水バッグがあります。
生理食塩水バッグとは血液と同じ浸透圧に調整された代用血液をバッグに入れたものです。
生理食塩水は点滴や麻酔液など医療用として広く使われているもので体に無害な成分です。

生理食塩水バッグは他のバッグに比べて中身がバッグから漏れ出す危険性が高いと言われます。
それはバッグに後から中身を入れるためバルブがついており、そのバルブから漏れることが考えられるためです。
万が一バッグが破れて漏れ出しても、速やかに体内へ吸収され尿として排出され、がんや自己免疫の異常を起こす心配はありません。

ただし、感触はジェル系のバッグと比較すると少し硬めで自然さに欠けます。
特にバストが小さい人が生理食塩水バッグを入れる固く感じることがあるようです。

バッグ自体の寿命は10年から15年ほどと言われ、他のバッグに比べて短いこともデメリットとしてあげられます。

しかし現在でも安全面で優れている生理食塩水バッグは人気があり、多くの人が生理食塩水バッグを使用してバストアップを実現しています。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とシリコンジェルバッグ

最近の女性のファッションは昔に比べてバストが強調されるスタイルが増えました。
そして多くの女性にとってバストアップは重要な問題となりました。

体操やサプリメントなどバストアップの方法は多くありますが、最も確実で即効性のある方法は豊胸手術です。
豊胸手術は近年、技術の進歩がめざましく、安全性や完成度の高いバストアップが可能になりました。

豊胸手術には主にバッグ挿入法と脂肪注入法がありますが、脂肪の少ない人や2~3カップ以上のバストアップを求める人にはバック挿入法が適しています。

最近はバッグの種類も増え、手術を行う美容外科によって扱うバッグは違いますが、世界的に普及しているバッグにシリコンジェルバッグがあります。

シリコンとは有機ケイ素樹脂のことを言います。
これは自然界には存在せず、化学反応によって人工的に創り出される有機ケイ素化合物での一つです。

有機ケイ素樹脂は毒性がなく、環境にやさしい物質で、化粧品や医薬品など私たちの身近なところでも多く利用されています。

1992年頃、豊胸手術の主流として使われていたシリコンジェルバッグは、一時安全性に問題があるとされ、米国食品医薬品局は使用を禁止しました。
しかし現在では安全が確認されて、再び多くの医師が使用するようになりました。

シリコンを利用した豊胸バッグには2種類あり、一つが液状タイプ、もう一つはコヒーシブタイプです。

液状タイプは以前からあるタイプで、万が一バッグが破れた時には体内へ漏れてしまいますが、近年開発されたコヒーシブタイプはシリコンが漏れない構造になっています。

感触はジェル系や生理食塩水バッグに比べると硬くなりますが、自然に近いバストの形を作り出すことができるバッグです。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とコヒーシブシリコン

近年、バストアップを実現する方法として豊胸手術を選ぶ女性が増えています。
最近では雑誌などで豊胸手術を扱う美容外科の広告をよく見かけるようになりました。

豊胸手術といえば以前は大掛かりなもので、傷跡や失敗の危険性も高く、手軽に受けられるものではありませんでした。
しかし、近年技術はめざましく進歩し、手術は数時間で終わり、安全で、しかも人間のバストに近い仕上がりが可能になりました。

豊胸手術には脂肪注入法とバッグ挿入法がありますが、コヒーシブシリコンなどのバッグ挿入法は大幅なバストアップを求める人に人気がある方法です。

コヒーシブとは「硬く結合した」「拡散しない」という意味があり、シリコンバッグの一つです。

1992年頃、豊胸手術の主流として使われていたシリコンバッグは、一時安全性が危ぶまれ、米国食品医薬品局によって使用が禁止されました。
しかし現在では安全が確認され、再び多くの医師に使用されるようになりました。

シリコンを利用したバッグにコヒーシブの他に液状タイプがあります。

液状タイプは以前からあるタイプで、万が一バッグが破れた時には体内へ漏れて炎症を起こす恐れがありました。
そこで液状タイプの短所を改良し、コヒーシブシリコンができました。
コヒーシブはバッグが破損してもシリコンが漏れない構造になっており安全です。

感触はジェル系や生理食塩水バッグに比べると硬いため、ソフトコヒーシブという柔らかい種類も開発されています。
自然に近いバストの形を作り出すことができるコヒーシブシリコンで多く人がバストアップを実現しています。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とバッグ挿入位置

近年、豊胸手術はめざましい技術の進歩により、安全性や完成度の高いバストアップが可能になりました。

豊胸手術にはバッグ挿入法と脂肪注入法があります。
脂肪の少ない人や、2~3カップ以上の大幅なバストアップを求める人にはバック挿入法が適しています。

バッグ挿入法とはバッグと呼ばれる人口乳腺をバストへ挿入する方法です。
現在バッグにはさまざまな種類がありますが、代表的なものに生理食塩水バッグ、シリコンバッグ、CMCバッグなどがあります。

そしてバッグを挿入する位置にも2種類あります。

一つは乳腺下法で乳腺の下、大胸筋の上にバッグを挿入する方法です。
これはもともとバストの大きい人がさらにバストアップしたい場合や、形を整えたい場合に適しています。
また出産や授乳によってバストがしぼみ、下垂してしまった人のバストアップにも適しています。
この方法は挿入位置が皮膚に近いため、バッグの感触や形が出やすい特徴があります。
しかし、痩せてバストの脂肪が少なくなるとバッグと地肌の不自然な段差ができるため注意が必要です。

大胸筋下法は大胸筋下に直接バッグを挿入する方法で、バストの脂肪や乳腺の薄い人に適しています。
筋肉の下にバッグを挿入するため手術に痛みを伴い、手触りは乳腺下方と比べてやや硬くなります。
挿入位置が皮膚から遠いため、バストの脂肪が少なくなっても乳腺下法のような不自然さは出ません。

バッグの挿入位置はバストアップの仕上がりを左右する重要な問題です。
個人の希望や体質を踏まえて、医師と十分カウンセリングを行ったうえで決定することが大切です。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法と姿勢

正しい姿勢はバストアップに効果的です。
姿勢の悪い人はさまざまなバストアップの方法を試みる前に姿勢を正す方法から始めるとよいでしょう。

日常生活を送る中で正しい姿勢はとても重要です。
正しい姿勢は容姿や印象だけでなく、健康にもよい影響を与えます。

背筋を伸ばして正しい姿勢を保っていると、内蔵の働きが活性化し、消化やお通じをよくします。
そのため美肌効果も期待できます。
また腰痛や肩こり、頭痛なども姿勢が原因である場合が多いと言われます。

正しい姿勢とは具体的に、壁を背にして立ち、背中とお尻、かかとが同時に壁についている状態です。
普段歩くときもこの姿勢を保ちながら歩きます。

バストの小さい人は猫背骨格が一つの要因に考えられます。
猫背骨格の人は、背骨、あばら骨などの胸郭を縮めてしまいます。
胸郭はバストの土台であり、左右のバストのバランスや、バストの血流が悪くなるなど悪影響を及ぼします。

猫背の改善には日頃から背中にある肩甲骨を内側に寄せ、胸を張った姿勢を心掛けるようにします。
こうして背筋を伸ばすだけで2〜3cmはバストアップします。
猫背の改善は同時に呼吸を深くし、基礎代謝が上がり、ダイエットにも効果があります。

正しい姿勢で胸郭を正常な状態に保ち、血流を改善してバストまでしっかり栄養が行き届けば、さらにバストアップにつながります。

正しい姿勢を習慣にするためには、出掛ける前や仕事の合間に鏡を見たり、壁を利用して姿勢を確認するとよいでしょう。
これを続けているうちに自然に正しい姿勢が身につき、バストアップが期待できます。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とクリスタルバッグ

近年、バストアップの方法として豊胸手術を求める女性が増えています。
最近では雑誌などで豊胸手術を扱う美容外科の広告をよく見かけるようになりました。

豊胸手術といえば以前は大掛かりなもので、傷跡や失敗の危険性も高く、容易に受けられるものではありませんでした。
しかし、近年技術はめざましく進歩し、手術は数時間で終わり、安全で、しかも人間のバストに近い仕上がりが可能になりました。

豊胸手術には脂肪注入法とバッグ挿入法がありますが、大幅なバストアップを希望する人には、人工乳腺をバストへ挿入するバッグ挿入法が適してします。

さまざまなバッグの中で、近年クリスタルバッグが柔らかい感触で人気を集めています。

クリスタルバッグとは生理食塩水バッグの欠点を改善したもので、コヒーシブシリコンより柔らかい感触が特徴です。

それまで一般的に使用されてきた生理食塩水バッグは、仰向けに寝た時に硬い感触になり、自然さに欠けるという欠点がありました。
クリスタルバッグは脂肪の自然な感触や動きに近く、仰向けに寝たときも柔らかい感触があります。
内容物は生理食塩水バッグと同じものですが、万が一破損しても中身は漏れにくい構造になっています。
例え漏れても生理食塩水と同じく体内へ吸収されるため安全です。

クリスタルバッグというのは商品名で、フランスのユーロシリコン社の定番商品です。
著名な女流技師がこのバッグを使用してバストアップに成功したことからクリスタルバッグは多くの人に知れ渡るようになりました。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とラウンドブロック法

豊かなバストはいくつになっても女性の憧れです。
現代では豊かなバストを手に入れるために、豊胸手術を求める女性が増えています。
豊胸手術は数あるバストアップの方法の中でも、最も確実で即効性のある方法です。
最近では雑誌などで豊胸手術を扱う美容外科の広告をよく見かけるようになりました。

豊胸手術といえば以前は大掛かりなもので、手術後の傷跡も心配されました。
しかし、近年美容医学の技術はめざましく進歩し、安全で、完成度の高いバストアップが可能になっています。

そしてラウンドブロック法も、近年の技術の進歩によって開発された方法の一つです。

ラウンドブロック法は乳輪の周りを切開する方法で、傷が小さく目立ちにくく、世界最小の切開と呼ばれている手術の方法です。

出産や授乳、加齢によるバストの下垂が軽度な場合に有効な方法で、乳輪のまわりだけを切開し、吊り上げることによってバストに張を持たせることができます。

またバストアップとは逆に、大きすぎるバストを小さくする手術では、これまでバストに大きなT字の傷跡が残っていました。
このラウンドブロック法により、ほとんど傷跡を残さない手術が可能になりました。

しかし下垂が重度の場合にはラウンドブロック法は適さず、マストペクシーという方法がとられるのが一般的です。

現在でも美容医学は日々研究、開発が進められており、豊胸手術はますます手軽な方法になると思われます。
女性の美容のために、今後さらに安全で新しい技術が開発されることが期待されます。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とバスト挙上術

豊かなバストはいくつになっても女性の憧れです。
現代の女性のファッションはバストの強調されるスタイルが増え、多くの女性にとってバストアップは重要な問題になりました。

そのような時代の中、近年豊胸手術を求める女性が増加しています。
豊胸手術は数あるバストアップの方法の中でも、最も確実で即効性のある方法です。
最近では雑誌などで豊胸手術を扱う美容外科の広告をよく見かけます。

豊胸手術といえば以前は大掛かりなもので、手術後の傷跡も心配されました。
しかし、近年美容医学の技術はめざましく進歩し、安全で、完成度の高いバストアップが可能になっています。

豊かなバストは女性の憧れですが、大きすぎるバストは乳房の重みによって肩凝りを起こします。
また下垂したバストによって下縁部が慢性皮膚炎を起こすこともあり、本人にとっては深刻な悩みです。

豊胸手術の一つにバスト挙上術があります。
これはマストペクシーとも言われ、バッグなどの人口乳腺を使用せず、乳房を吊り上げて形を整える方法です。

具体的には乳房の周囲を丸く切開し、乳房の脂肪と余分な皮膚のたるみを取り除き、形を整えながら持ち上げて縫合します。
最近では乳輪周辺のみの切開で、より傷跡が目立ちにくい手術が可能になっています。

極端なダイエットや授乳によってバストがしぼんでしまった人、加齢によりバストの皮膚や筋肉が下垂している人に適した方法で、大きすぎるバストを小さくすることも可能です。

現在多くの美容外科でバスト挙上術を行っていますが、美容外科によって様々な術式があるため、事前によく調べ、自分の希望にあった美容外科を選ぶことが大切です。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法と光治療

バストアップにはさまざまな方法がありますが、近年光治療が話題を集めています。

光治療はバスライトと呼ばれる光によって行われます。
バスライトはレーザーとは異なる波長帯を持つ光で、近赤外線であり安全で副作用もありません。

まず、バスライトは脂肪細胞周辺の組織液の浸透圧に作用し、一つ一つの脂肪細胞を膨らませることでバストアップをします。

また血液やリンパの流れを促進するため、乳房全体へ十分栄養が行き渡ることでもバストアップ効果が期待できます。

またバスライトをバストの張りを支えているクーパーじん帯というものに当てると、乳房のバストアップ成分に作用してじん帯が強化されます。
さらに女性ホルモンの分泌を促しバストアップ効果が期待できます。

光治療はバストが小さい人ばかりでなく、女性ホルモンの働きが悪い人や、脂肪細胞の少ない痩せ型の人、加齢でバストが下垂した人などに適しています。

光治療は即効性があり、定期的に行うとより効果的です。

今バストアップの確実な方法として豊胸手術が広く行われていますが、光治療は体を傷つけず、痛みもありません。
そして治療の時間が短く、費用が安いという点で人気があるバストアップの方法です。

これまでの光治療といえば肌への負担や痛み、やけどなどが心配されましたが、現在は技術も進歩し、危険性も低くなっています。
近年、光治療を行うクリニックは増加しています。

光治療は安全なものですが、効果を急ぐあまりに治療をあせらず、慎重にクリニックを選ぶことが大切です。
そしてバストや自分の体質、肌のことを十分に考え、医師とカウンセリングを受けた上で光治療にのぞむことが大切です。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。