2009年03月10日

バストアップの方法と大胸筋

バストアップには、大胸筋を鍛えるというのが効果的です。

バストは9割の脂肪組織と1割の乳腺組織から成っています。
そのバストの重みを支えているのが大胸筋です。

大胸筋はバスト上部の筋肉で、この筋肉が衰えると張りがなくなったり、下垂したり、
形が悪くなったりします。また大胸筋と連動している腹筋や二の腕の筋肉も弛んできます。

言い替えると、大胸筋がしっかり機能していれば、バストを持ち上げ、豊かで張りのある
バストに保つことができ、また腹筋や二の腕の筋肉も引き締まるというわけです。

バストの小さい人はもちろんですが、バストが大きい人にとっても大胸筋は重要です。
特にバストの大きい人は、年齢とともにバストが下垂しやすいために大胸筋を鍛える
と下垂を防ぐことができます。

では、どのようにして鍛えるのでしょうか。
大胸筋は、体操やエクササイズである程度鍛えることができ、バストアップの方法と
して様々な運動がとして考え出されています。

代表的なものに腕立て伏せがあり、大胸筋を鍛える効果的な運動です。
また、ダンベルなど重たいものをもって腕を屈伸する運動もバストアップに有効です。

ただし、大胸筋を鍛えすぎると目的のバストアップというよりは
筋肉が硬くなってしまうので頃合いには十分注意が必要です。

そのほかには、マッサージによって大胸筋の血行をよくする
大胸筋マッサージもバストアップの方法の一つです。

お風呂上りなどの体が温まった時に行うと、さらに効果が高まります。

更に近年では、美容外科による豊胸手術の技術の進歩していて、
大胸筋を鍛える代わりに大胸筋の下にシリコンを挿入するなどの方法もあります。
posted by まや at 12:11| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

バストアップへの女性ホルモンの役割

多くの女性が豊かなバストに憧れますが、
バストの大きさには個人差があるため、
コンプレックスを抱く女性もけして少なくありません。

むしろ、90%の女性はバストに関して何らかの悩みを持っているようです。


そこで、バストの大きさに関わりが深い女性ホルモンについて見てみましょう。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。
エストロゲンとプロゲステロンの2つは、バランスを保ちながら分泌されています。

エストロゲンは卵巣でつくられる女性ホルモンで、卵胞ホルモンとも呼ばれています。
女性らしい体を作ったり、子宮で受精卵を受け入れる準備をしたり、肌の新陳代謝を
高める働きをもっています。

一方のプロゲステロンは腎臓や卵巣でつくられる女性ホルモンで、黄体ホルモンと
呼ばれています。
エストロゲンの働きを補い、月経周期の維持や出産準備の機能を整える役割があります。

女性ホルモンの分泌は、思春期から成長期にかけてこの女性ホルモンが多く分泌さて
体に脂肪が多くつき、バストも大きくなり、20代から30代でピークを迎えます。

その後は年齢とともに減少し、50歳頃からは急激に減少していきます。

反対に思春期から成長期の時期にスポーツなどによる過剰なエネルギー消費や
精神的ストレス、また女性にありがちなダイエットなどによって女性ホルモン
の分泌が著しく減少すると、バストの発育にも影響を及ぼしています。

つまり、バストアップ
には女性ホルモンの分泌を促進することが有効だということです。

そこで成長後にバストアップ
する方法は、どのようなものがあるでしょうか。
これまでも、注射器による女性ホルモンの摂取が行われてきました。
しかし近年は
子宮がんのリスクなども明らかになっていて、バストアップ
の方法と
しては必ず
しも適切ではないといわれています。

それとともに、近年では女性ホルモンの分泌や働きを促すサプリメントが多く販売
されるようになっていて、バストアップ
の手軽な方法として多くの女性に利用されています。

■ まずは、試してみたいという方はコチラ ↓ ↓ ↓ ↓ 


posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

バストアップの方法とプエラリア

近年は、バストアップにプエラリアが大変注目されています。

日本でもいくつかの有名女性誌でバストアップの方法として取り上げられ、
若者から中高年に至るまで幅広い世代の女性に注目されています。

今日の日本では、サプリメントや美容食品としてプエラリア商品が多く市販されています。

プエラリアは女性ホルモンに似た働きを持つ植物性エストロゲン、イソフラボンを多く含み、その含有量は大豆の40倍にも相当すると言われています。

プエラリアとは正確にはプエラリア・ミリフィカというタイに自生するマメ科の植物です。
タイではガウクルワと呼ばれているもので、これがバストアップに効果的だというのです。

プエラリアは、1960年までは現地人や一部の有識者にしか知られていなかったのですが、
イギリスの科学誌「ネイチャー」に取り上げられたことから、世界中の研究者の注目を集める
ようになりました。

最近のタイ国の大学の研究では、プエラリアの白い塊根が胸部乳腺を増やして活発にし、
黄体ホルモンの受容体を増やすことによってバストアップ効果をもたらすことが確認さ
れています。

プエラリアの効果は平均2〜3ヶ月で現われるといわれますが、体質や体形によって
個人差があり、特に脂肪の少ない人には効果の現われにくい傾向があるようです。
女性ホルモンの多く分泌される睡眠前や夕食前後に摂取したり、乳製品と一緒に摂取する
などの工夫で、より高い効果が期待されます。

またプエラリアはホルモンなどに与える影響から、バストアップの方法としてだけでなく、
生理痛の軽減したり、不妊症や更年期障害などの婦人系の疾病にも効果があるとされます。
さらに、美肌、美髪、ダイエット効果など、他にも多くの効果が確認されていることも
魅力の一つです。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

バストアップの方法と体操

現代の女性のファッションは胸元が広くあいたり、体にフィットしたスタイルが多くなりました。
それに伴いバストの大きさにコンプレックスをもつ女性が増えています。
バストアップは多くの女性の重要な問題です。

バストアップにはさまざまな方法がありますが、バストアップ体操やエクササイズもその一つです。
お金のかからず、毎日の生活に取り入れやすい体操やエクササイズは、気軽に始められるバストアップの方法として多くの女性が取り組んでいます。

バストアップ体操として代表的なものは腕立て伏せです。
足先と手のひらを床について行う腕立て伏せが一般的ですが、この方法は女性や筋肉の少ない人にはとてもキツい運動なので、代わりに膝を床につけて腕立て伏せを行う方法でも効果があります。
また壁に手のひらをつけて立ったまま行う腕立て伏せも効果的です。

両手を胸の前で合わせて押し合う体操も、よく取り上げられる体操です。
両手の間に分厚い本を挟むと力が入れやすくなります。

バストアップ体操は大胸筋を鍛える筋肉トレーニングが中心です。
筋肉トレーニングは有酸素運動の一つで、筋肉に酸素を送り込むために、ゆっくり深呼吸をしながら、反動をつけず、ゆっくり動作を行うことが筋肉を痛めないためにも大切です。

バストアップ体操は急激に回数を増やすなど無理をせず、同じ回数を毎日習慣的に行うことで効果をあげることができます。

また大胸筋は鍛えすぎると硬くなり、バストらしい柔らかさを失うことになってしまうため注意が必要です。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法と豊胸手術

現代、女性のファッションはスタイルが強調されるものが増え、テレビや雑誌ではバストの大きな女性タレントが持てはやされる時代になりました。
女性は豊かなバストに憧れ、バストにコンプレックスを持つ女性も少なくありません。

バストアップする方法は数多くありますが、豊胸手術もその一つです。

かつて豊胸手術といえば胸を切開するおおがかりな手術をイメージし、安全面でも不安な要素が多くありました。
近年では豊胸手術の技術は進歩し、日帰り手術で傷もほとんど残らず、安全な手術が可能になっています。

豊胸手術にはいくつかの種類がありますが、大きく分けるとバッグ挿入法と、脂肪注入法があります。

バッグ挿入法とは、バッグといわれる人口乳腺をバストに挿入する方法です。
バッグは生理食塩水バッグ、シリコンジェルバッグ、ハイドロジェルバッグなど近年種類も増えています。
それぞれ感触や耐久性、仕上がりに特徴があり、安全性も異なります。

脂肪注入法はお腹や太ももなどバスト以外の脂肪を吸引し、バストに注入する方法です。
自分の不要な脂肪を使って豊胸できるということで一時注目を集めました。
しかし注入できる脂肪の量が限られ、注入した脂肪のすべてがバストになるのではなく、個人差もあり、大幅なバストアップには向いていません。

豊胸手術はバストアップの方法として確実であり、即効性のある方法ですが、いずれの手術も仕上がりが本人の希望に沿わない場合があるようです。

手術前のカウンセリングを十分に行い、手術のリスクや術後のケアまで視野に入れ、慎重に手術を考えることが大切です。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法と脂肪注入法

近年、豊胸手術の技術が進歩し、安全性が高まったことなどから、気軽に豊胸手術を受ける女性が増えています。

豊胸手術にはバッグ挿入法と脂肪注入法がありますが、自分の脂肪を使って自然なバストアップを希望する人には脂肪注入法が適しています。

脂肪注入法とはヒップや太ももなどの余っている脂肪を吸引し、バストに注入する方法です。

この方法のメリットは、不要な脂肪を落とし、同時にバストアップするという一石二鳥の効果が得られるということです。
また豊胸バッグなどの人工物ではなく、自分の脂肪を利用するため拒否反応の心配もありません。
脂肪は注射器で注入されるさめ、体に傷跡を残さない点も魅力です。

豊胸バッグを体内に入れることに抵抗のある人や、ボディラインを整えたい人には最適な方法だといえます。

ただし注入する脂肪の量には限度があり、1カップから2カップのサイズアップは可能ですが、それ以上の飛躍的なバストアップを目指す人には向いていません。
また注入した脂肪が全てバストになるのではなく、バストに定着する脂肪は平均すると50%から70%と言われ、医師の技術や個人の体質により異なってきます。

脂肪の少ない痩せ方の人や、もともと乳腺のほとんどない人、貧血気味の人などは手術が受けられないケースもあります。

最近の美容外科では豊胸手術の技術開発に競って取り組んでおり、新しい手術や独自の手術を次々と生み出しています。
宣伝や情報に惑わされず、医師としっかりカウンセリングの上、自分に合った方法を選ぶことが大切です。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とつぼ

バストの大部分は脂肪から成っています。
バストに脂肪が多くつけばバストアップは実現しますが、バストだけに脂肪をつけることは難しく、バストより先に他の部分に脂肪がついてしまうのが現実です。
またバストの脂肪を減らさずにダイエットすることも難しいことです。

そこでバスト以外には脂肪を増やさず、バストアップを実現する方法につぼの指圧があります。

バストアップのつぼはさまざまな部位がありますが、最も代表的なものに天渓とだん中があります。

天渓(てんけい)は、左右それぞれ乳房の輪郭線わきの乳首の高さにあるつぼです。
このつぼはバストアップに重要な乳腺の発育と深く関わりがあり、つぼの指圧によって乳腺の発育を促進する効果があります。

だん中は左右の乳首を結んだ線の真中に位置します。
このつぼは指圧することによって女性ホルモンの働きを促し、活発にする効果があります。
まただん中は肌を美しくし、ストレス解消にも有効なつぼと言われています。

つぼの指圧にもいろいろな方法がありますが、2つのつぼを同時に指圧する方法は、両手で乳房を持ち上げ、左右それぞれの親指で天渓を押し揉みながら、だんちゅうに両手の人差し指と中指で押します。
これを10回程度繰り返します。

つぼの指圧は生活の中で気軽に取り入れることができますが、入浴時など新陳代謝の活発になっている時にリラックスして行うとより効果的です。
毎日少しずつ、気長に継続して行うことでバストアップ効果や、バストの張りを保ち、美しいバストを作る効果が期待できます。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップと大豆

バストアップにはいろいろな方法がありますが、毎日の食生活の中でバストアップに効果的な栄養を多く摂ることも一つの方法です。
手術やサプリメントのように人工的な方法に抵抗のある人には適した方法です。

バストアップには大豆が効果的だと言われています。

昔から日本人の食生活には欠かせない大豆ですが、大豆は栄養価が高く太りやすいと思われがちです。
しかしバストアップに欠かせない栄養を豊富に含んだ食品なのです。

大豆にはイソフラボンという成分が含まれています。
この大豆イソフラボンは食物エストロゲン呼ばれ、体内に入ると女性ホルモンと似た作用をします。
エストロゲンは卵巣でつくられる女性ホルモンで卵胞ホルモンとも呼ばれますが、子宮で受精卵を受け入れる準備をしたり、女性らしい体を作ったり、肌の新陳代謝を高める働きがあります。

また女性らしい体づくりに欠かせないたんぱく質も豊富に含んでいます。

バストアップ効果の他、乳房の張りや、美肌、更年期障害にも効果があります。

大豆製品で身近なものでは豆腐、納豆、豆乳、味噌、しょうゆなど、他にもいろいろなものがありますが、味噌汁は体内への吸収がよいということが分かっています。

近年ではバストアップに効果的なサプリメントも次々と開発されていますが、多くのサプリメントに大豆イソフラボンが利用されています。

大豆のバストアップ効果には個人差があり、サプリメントや豊胸手術に比べると効果は分かりにくいですが、大豆は健康維持にとても役立つ食品であるため、積極的に摂り、健康的にバストアップを目指したいものです。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法とバッグ挿入法

近年、豊胸手術は技術の進歩によって安全性が高まり、バストアップの方法として広く普及しました。
今では豊胸手術は誰もが手軽に受けられるものになり、若者から中高年まで多くの女性が手術によってバストアップを実現しています。

豊胸手術にはバッグ挿入法と脂肪注入法があります。
2〜3カップ以上のサイズアップを求める人にはバック挿入法が適しています。

バッグ挿入法とはバッグと呼ばれる人口乳腺をバストに挿入する方法です。
現在では生理食塩水バッグやハイドロジェルバッグなどバッグの種類が増えています。

かつてシリコンやオルガノーゲンが豊胸バッグとして使用されていましたが、これらの物質は安全性に問題があるとして使用が禁止されました。
現在では安全性に問題がないことが確認され、以前より改良されたものが利用されています。

バッグ挿入法は、挿入するバッグの種類や大きさ、形などが多くの種類から選択できるようになっており、個人の細かい希望にまで応じることができるようになっています。

バッグ挿入法は、バッグを挿入する場所によって「乳腺下法」と「大胸筋下法」に分けられます。

乳腺下法は大胸筋の上の乳腺下に挿入する方法で、もともと乳腺や脂肪組織のある人に向いています。

大胸筋下法は大胸筋の下に挿入する方法です。
痩せている人や、もともとバストの脂肪が少ない人に向いています。

バッグ挿入法は安全な方法ですが、個人の体質によってバストが硬くなる皮膜高縮を起こすことがあることが問題となっています。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バストアップの方法と乳製品

バストアップにはさまざまな方法がありますが、バストアップに効果的な栄養を体に取り入れることも一つの方法です。
豊胸手術のように即効性のある方法ではありませんが、他の方法と平行して行うなど、工夫によっては健康的にバストアップすることができます。

バストアップには女性ホルモンの働きが欠かせません。
特に成長期に女性ホルモンが活発に分泌されると、バストは大きくなると言われます。
しかし女性ホルモンが多すぎるとアレルギーや婦人病を引き起こすことになります。

女性ホルモンを正常に分泌させるためには、栄養のバランスのとれた食生活を送ることが大切です。
特にバストアップには食事制限などのダイエットは逆効果で、バストの脂肪を落としてしまうことになります。

あらゆる食品の中でも乳製品は美容に効果的な栄養素を多く含む食品です。
特に多く含まれているたんぱく質は、血液や筋肉を作り女性ホルモンの働きを活発にする手助けをします。
バストアップには欠かせない栄養素といえます。

乳加工品として代表的なヨーグルトも良質のたんぱく質や糖質、ビタミン、カルシウムがバランスよく含まれている食品です。
大豆イソフラボンを含むきな粉と組み合わせた「きな粉ヨーグルト」は、バストアップに最適なデザートといえます。

チーズやバターは牛乳だけを原料にして加工される天然食材で、栄養が豊富な食品です。
バストアップ効果の他、ビタミンAが多く含まれるため美肌効果もあります。

バストアップ効果だけでなく美容や健康にもよい乳製品は、毎日習慣的に継続して摂ることが望まれます。
posted by まや at 07:14| バストアップ 方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。